blog index

レビ・レビ・レビュー!

ただいま迷走中!! ネタバレ有の読書感想ブログ!!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
『口づけは甘い罠』 小林博美

にほんブログ村 漫画ブログ 恋愛漫画へ

【プロポーズのゆくえ3】

ラ・パロマという村に布教活動に来ていたアリッサは、反政府軍に拉致されてしまった。救出に訪れた特殊部隊のマイケルと脱出するが、他の仲間とはぐれてしまい・・・・!

拉致されたアリッサを救う脱出劇なのに、あまりスリルを味わえなくて残念でした。

残念


3作品通して一番気に入っている人物はエイダです♪

一見意地悪そうな顔をしているのですが、その中身はとても温もりのある優しい女性。母親が次々変わっても、エイダだけは変わらず三兄弟のそばにいて、ジェイコブ、ルーク、マイケルにとっては本当の母親以上に母親のような存在でした。

そんなエイダの個性を、イラストや他の人物との絡みと共に上手に描けていていました笑顔


JUGEMテーマ:ハーレクイン


にほんブログ村 漫画ブログ 恋愛漫画へ


電子書店パピレス
| まるまるかずみ | 小林博美 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『愛し方がわからなくて』 小林博美

【プロポーズのゆくえ2】

プレイボーイのルーク。彼に想いを寄せていた幼なじみのマギーでしたが、ルークが彼女を一人の女として見てくれたことは、今までに一度もありません。友人としてそばにいられればそれでいい、そう思い始めていた矢先にルークからプロポーズされて・・・・!

かわいらしい作品でした♪

ベッドで男性と行為に及ぼうとすると、体がカチコチに固まってしまい、何もできなくなってしまうマギー。エイダのために結婚して欲しいという、ルークからの申し出にかこつけて、これを機会にプレイボーイの彼にベッドでご指導願おうと思い至った。

ルークに体を近づけたり、積極的にアピールしているマギーですが、ルークはルークで考えがあってまったくマギーに手を出しません。

「もっと本格的に誘惑しなくちゃ」とか、「色っぽいネグリジェを買おう」とか試行錯誤しているマギーがかわいかったです初々しかった♪


JUGEMテーマ:ハーレクイン





電子書店パピレス
| まるまるかずみ | 小林博美 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『ハートの秘密』 小林博美

にほんブログ村 漫画ブログ 恋愛漫画へ

【プロポーズのゆくえ1】

友人の代わりに、「金融界のアイスマン」と呼ばれるジェイコブのアシスタントを務めることになったクレア。不意に浮かべるジェイコブの笑顔にどんどん心惹かれるクレアですが、6年前のスキャンダルを彼が知っているのどうか不安で・・・・。

ダラスの金融界で彼の名を知らない者はいないと言われるほどの、金儲け上手のジェイコブ・ウエスト。しかし、クレアに惚れてからというもの、どうしていいのかわからず戸惑うばかりの彼を見ていると、かわいくて仕様がない感じでした。

ぽっ♪


「プロポーズのゆくえ」3作品の中で、「ハートの秘密」が一番好きです♪ 結婚と離婚を何度もくり返していた父親のおかげで、ウエスト三兄弟は愛情というものにとかく不器用なようで、ジェイコブは三人の中でピカイチに不器用だった気がします(笑)

ストーリーの進展具合とかも、特に不満を感じる点はなく、2回目読んだ今でも、充分満足感の得られる作品でしたgood job!!


JUGEMテーマ:ハーレクイン


にほんブログ村 漫画ブログ 恋愛漫画へ


電子書店パピレス
| まるまるかずみ | 小林博美 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シリーズ【プロポーズのゆくえ】 小林博美
評価:
小林 博美,アイリーン・ウィルクス
宙出版
¥ 639
(2008-10-11)

JUGEMテーマ:ハーレクイン


シリーズ【プロポーズのゆくえ】気に入りました♪ 三作一気に読んでしまいました。

三人の異母兄弟ジェイコブ、ルーク、マイケルは、忌み嫌う父親が遺した財産を相続することを決めました。幼い頃からずっと側にいて、自分たちを育ててくれた母親も同然である家政婦エイダの難病を治すために。しかし、その財産を相続するためには、三人兄弟全員が結婚していなければいけませんでした。

最も気に入ったのは、1作目ハートの秘密、長男ジェイコブの話です。

ダラスの金融界で知らない人はいない、”アイスマン”とあだ名される投資家のジェイコブ・ウエスト。

金融界ではやり手の彼が、こと本気の恋愛となると、まるで中高生のように臆病で繊細で不器用な男性になってしまう。そんなジェイコブに私も惚れちまいました♪

ムキャッ♪


表情が少ないながらも、かすかに笑みを浮かべているところとか、ちょっとした皮肉っぽい表情とか見ると、内心にんまりしてしまいます。32歳主婦のたわ言です、軽く聞き流してください。

苦笑


金融界でその名を知らない者はいないジェイコブのアシスタントを務めることになったクレア。”アイスマン”と呼ばれる彼の優しさや温もりなど、意外な一面を見るたびに彼に惹かれていくクレアでしたが、6年前つき合っていたケン・ローレンスとのトラブルのせいで、二度と恋はしないと誓っていて・・・・。

続いて、2作目は次男ルークの話愛し方がわからなくて

プレイボーイのルーク。彼に想いを寄せていた幼なじみのマギーでしたが、ルークが彼女を一人の女として見てくれたことは今まで一度もありませんでした。友人として側にいられればそれでいい、そう思えるようになった矢先にルークからプロポーズされて・・・・!

両想いなのに、気持ちがすれ違ってしまって、互いに片想いだと思い込んでいるルークとマギー。時には明るく、時には切なく、ストーリーも二人の恋も進展していきます♪

やはり、主人公が明るく元気だと、作品自体も明るい系の作品に仕上がるんですね♪

ポイント♪


最後、3作目は三男マイケルの話口づけは甘い罠

特殊部隊所属のマイケルは、ゲリラの捕虜となっていたアリッサ・ジーンをとりあえず救出はしたものの、途中で仲間とはぐれマイケルとアリッサ二人きりでの行動となりました。

互いに惹かれ合う二人。ストレートに気持ちを打ち明けアリッサを求めるマイケル。しかしマイケルは、アリッサを無事救出するためなら、人を殺すこともいとわない。自分の身を守ってくれるためとは言え、人殺しを肯定することのできないアリッサは、惹かれながらもマイケルのことを素直に受け入れることができませんでした。

三作品を通して登場した光る名脇役エイダ。ツンッとした、意地悪そうなおばさんかと思ったら、次の瞬間にはニコッ♪ と笑って朗らかで陽気なおばさんに早変わり♪ ちょっと細身で小柄なおばさん。三人兄弟の母親も同然のエイダはいい味を出してました♪

にっこり♪


もう一人気に入った脇役さんは、一作目、二作目に登場した女刑事ジャッキー。褐色系なのか、黒人なのか、設定はわからないのですが、キリッとした顔にショートカットヘア、男勝りな性格っぽいところが大変気に入りました♪




完全版・文庫版・復刻版

漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.com】

| まるまるかずみ | 小林博美 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『 愛を告げる蘭 』 小林博美
評価:
小林 博美,リンゼイ・マッケンナ
小学館
¥ 550
(2004-02-26)
ある特殊な性質を持っているため、他の人は気味悪がって自分に近寄りたがらないのに、その人だけは普通に接してくれる。そしてお互いに惹かれ合っていくという設定、弱いんです、好きなんです♪

その上、小林博美さんの描く美男美女と来れば、もう読まずにはいられませんでした。楽しく読ませてはいただいたものの、若干内容に物足りなさを感じてしまい、淋しかったです。

変身人間といえば、思い出深い作品に篠原千絵さんの『闇のパープル・アイ』があります。今でも大事に持っているマンガです。倫子と慎也の悲恋のお話は、二人の娘・麻衣(実父は小田切貢)と暁生へと受け継がれます。「これは永久保存版やっ!」と、えらく感動したことを覚えています。今度ヒマを見つけて読み返そうっと♪

話がそれてしまってすいません。いまひとつ『愛を告げる蘭』にのめり込めなかった理由は、ちょっと都合良すぎる展開に感情移入できなかったのが最大の要因かもしれません。

2度も命の危険にさらされながら、2度とも命を救われたアン。マイクの方でも、命の危ぶまれる場面が2度あって、2度とも助かっているのです。死んでくれと言っているわけではなく、貴重な命を扱う場面なのだからそう何度も使われると貴重さが薄れて、その場面の重要性もあまり感じられなくなってしまい、引いては全体的にメリハリの少ない作品に仕上がっている気がするのです。

良かったのは、マイクに深く想いを寄せるインカの存在。最初はアンを敵視するのですが、マイクとアンの互いを見つめるまなざしに自分の割り込むすきがないことを感じて、潔く身を引いて二人を応援する側へ回るのでした。

脇役でありながら存在感があって、インカのことは上手に描かれていました。

(COMIC MIRA 2003年11月号〜2004年2月号に掲載)


= ハーレクインのレビューサイト『 レビ・レビ・レビュー! 』 =
| まるまるかずみ | 小林博美 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『 華やかなアバンチュール 』 小林博美
ネイサンに恋しているレイチェル。でもレイチェルのことを悪女だと信じきっているネイサンが、レイチェルに恋することはない。そんなレイチェルとネイサンが、大銀行会長セーラの、盗まれた大事な思い出の手紙を取り戻すために、恋人同士に扮して盗人ルーサーに近づく。手紙は無事に取り戻せるか? そして、レイチェルの恋の行方は?

レイチェルの一喜一憂している姿が、なんともかわいらしかったです。ネイサンの一言にポッと顔を赤らめたり、パッと喜んだり、ショックで顔を曇らせたり。見ているこちらもうれしくなったり、楽しくなったり、かわいそうに感じたり、とても愛らしいキャラクターに仕上がっていたと思います。

登場した当初は、キリッ! ピシッ! としていたネイサンが、ストーリーが進み、レイチェルの真実の姿を見るにつれて、段々と表情が和らいでいく様も、上手に描けていました。ただクライマックスでのネイサンの行動があまりにも、今までのネイサンからは考えられない、突然「軟弱男」にでもなってしまったかのようなものだったので、それがとても残念で仕方がありません。

= ハーレクインのレビューサイト『 レビ・レビ・レビュー! 』 =
| まるまるかずみ | 小林博美 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『 孤島の囚人 』 小林博美
《ハーレクイン:読書レビュー》
『1871年10月8日 歴史に残る大火災』(→Wikipedia「シカゴ大火」)は実話。出火の原因は不明で、被害拡大の理由は異常乾燥と強風、消防機関の連絡ミスなど、悪条件が重なったためとみられているそうです。

お嬢様育ちで、靴の紐も結べない、コーヒーのつぎ方も知らない、自分1人では何一つまともに出来ることがないことを人質生活で思い知ったデボラ。失敗してしまった時のデボラの表情、その失敗を見てあきれるトムの表情、どちらもしっかりと本人らの気持ちが表現されていて、それがこちらにも伝わってきて良かったです。

ストーリーの展開にひっかかる点も特になかったし、ひとつの恋愛ストーリーを十分に満喫できる一冊でした。

(COMIC MIRA 2004年5月号〜6月号に掲載)

《あらすじ》
一攫千金の甘い夢を見させて、調査不十分な銅山で島民を働かせ、死に追いやったアーサー・シンクレアを憎むトム・シルバー。恨みを晴らすべくトムがシカゴへ訪れたその時、シカゴは大火災に見舞われていた。シンクレア邸でアーサーをやり損ねたものの、娘のデボラを人質にして島へ連れ帰るトム。父アーサーに見捨てられたデボラの、島での生活が始まる。


JUGEMテーマ:ハーレクイン

blogram投票ボタン
ブログ解析|blogram

にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村・ランキング|ハーレクインコミックス




link:楽天ブックス
小林博美 画/スーザン・ウィッグス 原作
孤島の囚人




| まるまるかずみ | 小林博美 | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『 偽りの誘惑 』 小林博美
生まれてすぐ母を亡くし、施設で育ったローラ。1枚の写真を手がかりにやっと探し当てた実の父アレグザンダー・ハリントン(アレックス)も急死。ところが、残された遺産のせいでマスコミにアレックスの愛人であると報じられ、アレックスの妻マクシーンから「会いたい」と申し出を受けた。家族を渇望するローラにとって、マクシーンと妹ステラに会えることは願ってもないことだったが、自分が愛人ではなくアレックスの娘であると自分の口から名乗ることはできない。「家族への告白はアレックスがする。それまでローラは待つ」と、病弱なマクシーンを気遣うアレックスと約束したからだ。アレックスが亡くなった今、その役目は弁護士ジョナサンに託されていた。ハリントン一家と家族ぐるみのつき合いをしているクインは、マスコミの報道を鵜呑みにしてローラのことを「悪女」と罵る。しかし、そんなクインに反感を抱きながらも、深く強く家族を守ろうとしている彼に惹かれていくローラ。そして、ローラと対面したマクシーンやステラの反応は?

クインに「悪女」と罵られたローラは、「悪女(アレックスの愛人)」のふりをしてクインに思いっきり言い返すことで、真実を打ち明けられない鬱憤を晴らします。そんな彼女の行動が理解できないせいか、特に感動を覚えることもなく読み終えてしまいました。

でも、2人が互いに惹かれあい、恋に落ちていく様は上手に描写されていました。お互い反感を抱き合いながらも、ふっと見せる意外な一面に心奪われていく様子が、自然に伝わってきました。

= ハーレクインのレビューサイト『 レビ・レビ・レビュー! 』 =
| まるまるかずみ | 小林博美 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『 遠い夏の日-はきだめの子供 』 小林博美
評価:
小林 博美,ジェニファー・ブレイク
小学館
¥ 550
(2003-08-23)
「はきだめの子供」とリップを蔑む大人たちをよそに、仲が良かったアンナ、トム、リップ。アンナは子供の頃からリップのことが好きだった。だがリップは盗みを働き投獄され、トムは行方不明に。大農園主の父が亡くなり、残された母とアンナの生活はグレストともにさびれてしまっていた。罪を償い終えて、全米トップクラスのコンピュータ会社社長となって街に帰ってきたリップがアンナに告げた言葉は・・・・!

昼のメロドラマみたいでした。でも、こういった話をコミック1冊にまとめてしまうのは、少し無理があるように感じました。もっと深く掘り進めて、内容の濃いものにしたほうがよりよい作品になったと思います。

(COMIC MIRA 2003年4月号〜7月号に掲載)

= ハーレクインのレビューサイト『 レビ・レビ・レビュー! 』 =
| まるまるかずみ | 小林博美 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『 花嫁の値段 』 小林博美
異常な契約がここで成立しようとしていた。ジャック・フレイザーは孫を自分の跡継ぎとするために、アレクサンダー・ドゥーマス(アレックス)はエーゲ海に浮かぶある島を自分のものとするために、ジャックの娘ミアとアレックスが結婚をし子供(男の子)を儲けるというもの。自らの利益のために、望まぬ相手と体を重ねるミアとアレックス。罵り合い、憎み合いながらの情事が毎晩続いた。望まぬ情事のはずなのに、アレックスに抱かれて熱く応え我を忘れてしまう自分に戸惑うミア。非常な父親ジャックと娘ミアの間で交わされた契約、それによってミアは何を手に入れるのか? アレックスが手に入れようとしている島は、どんな島なのか? 2人はどんなハッピーエンドを迎えるのか?

後味の良い、みんな幸せになれて良かったね♪ と思える作品でした。クライマックスに見せる、アレックスの鮮やかな行動力は痛快でした♪ その時の、自信に満ち溢れたアレックスが、飛行場で颯爽と現れるシーンは最高です。惚れ惚れとしてしまいました♪

= ハーレクインのレビューサイト『 レビ・レビ・レビュー! 』 =
| まるまるかずみ | 小林博美 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ