blog index

レビ・レビ・レビュー!

ただいま迷走中!! ネタバレ有の読書感想ブログ!!
<< 『 凍える心の奥に 』 リンダ・ハワード | main | 『 ラッキーガール 』 リンダ・ハワード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
『 夢のなかの騎士 』 リンダ・ハワード
訳者あとがきによると「(リンダ・ハワードは)この作品の執筆に一年を要した」らしく、それだけに読み応えのある作品でした♪♪

ナイルとグレースが、夢の中で互いの存在を感じ合うしかない内は、かなりじれったい思いをしていました。「早くご対面してよ! いつになったらご対面するのっ!?」と(笑)

でもやっぱり、リンダの描くヒーローには惚れ惚れしてしまいます♪うっとり〜♪

非嫡出子とはいえ、力づくで王位を狙うこともできたのに、また王位につけるだけの実力やカリスマ性のようなものも充分に備えていたのに、そうはしなかったナイル。なぜなら、実父である元スコットランド王のことも、異母兄スコットランド王ロバートのことも愛していて、またナイルは彼らから愛されてもいたから。

グレースには、夫フォードや兄ブライアンが殺害された上、その容疑者にされてしまうという過酷な立場にありながら、逃亡生活の中で心の通い合う知り合いができたり、自分の無実を信じてくれる元隣人がいたりしました。

こういった家族や知人といった脇役たちに、温もりを感じる作品でもありました。笑顔

パリッシュの企みで、世間から身を隠し逃亡生活を送ることになってしまったグレース。

日を重ねるごとに強く逞しくタフに成長していく彼女にグッと心を掴まれた感じがします。家主のハーモニーと護身術を伝授してくれたマテオ。彼らと出会ったことで、そのタフさに益々磨きがかかっていく経過が、読んでいて楽しかったです♪

元隣人のクリス。彼はグレースに淡い恋心を抱いているのですが、19歳という若者ながら、非常に頼りがいのある青年でした♪

自分の置かれている現状・立場を誰にも明かすことができないという、時を超えたナイルとグレースの間にある不思議な共通点。

この共通点が、夢の中で気配を感じることしかできなかった二人の間に心地良い存在感を与え、愛情を育てていたのです。

タイムトラベル作品は、あまり好きではないのですが、『夢のなかの騎士』は気に入りました♪♪good!!

小説や漫画などといった作品というものは、扱っているテーマなどで決まるのではなく、魅力的な主人公や脇役たち、丁寧な内容によって、いくらでも良い作品に仕上がるものなんだなぁ〜♪ と実感しました。


夫と兄が殺された。その現場を目撃してしまった考古学翻訳者のグレースは、殺害容疑をかけられた上、真犯人から命を狙われていた。夫と兄はなぜ殺されたのか? グレースはなぜ命を狙われるのか? 真犯人を捕え、夫と兄の復讐を果たすためには、中世の騎士ナイル・オブ・スコットランドの謎を明かす必要がある。警察にも、真犯人にも捕まるわけにはいかない! グレースの古文書解読と逃亡劇が幕を開けた。


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村ランキング参加中



夢のなかの騎士

夢のなかの騎士

価格:910円(税込、送料別)

リンダ・ハワード 作/加藤洋子 訳
link:楽天ブックス
送料無料キャンペーン中!!

| まるまるかずみ | リンダ・ハワード | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

bolg index このページの先頭へ