blog index

レビ・レビ・レビュー!

ただいま迷走中!! ネタバレ有の読書感想ブログ!!
<< 『 ラッキーガール 』 リンダ・ハワード | main | 『 砂の迷路 』 藤田和子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
『 黄昏に生まれたから 』 リンダ・ハワード
リンダ作品にこれほどのめり込むのは、やっぱりヒーローの魅力よね〜♪♪うっとり♪

リチャードの寛容さ、逞しさ、優しさ、深い愛情、広い胸、鉄の意志、気に染まない人間に対する冷徹なまでの断固たる態度、元レンジャー部隊などなど、読めばもっと色々な魅力が満載♪♪

そして、そんなリチャードの心を鷲掴みにしたヒロイン・スウィーニー。両親の愛情を受けずに育った彼女は、人と深く関わり合わず、世間とは一線を隔して暮らしてきました。

勝ち気で嘘をつくのが下手、というよりは、嘘をつくことができないうぶなスウィーニーに、リチャードはどんどん惹かれていって、彼女への愛情を深めていきます。

一方、スウィーニーも、リチャードの温もりや頼もしさに、両親からも与えられることのなかった底知れぬ安心感を覚え、それが愛情へと変わっていきます。

この互いへの愛情が深まっていく様を、しごく自然に絶妙にうっとりと描くんですよね〜、リンダ・ハワードという作家は♪キャハッ♪♪

だから、リンダ・ハワードはやめられないっ♪♪リンダ・ハワード万歳!!


他人と深く関わり合うこともなく、画家として修道女のようにこれまで暮らしてきたスウィーニー。彼女は、一年前から超常現象を体験したり、幽霊を見たりするようになっていた。そんなある日、突然スウィーニーは、男性としてリチャードを意識し始めるようになった。彼の方もスウィーニーに惹かれていて、しかも積極的に彼女にアプローチしてくる。いくら別居して一年にもなる冷え切った夫婦だからと言っても、リチャードは妻帯者。彼と恋人同士になるなど、許されることではない。そんな時、スウィーニーは新たなる超常現象を体験した。目撃していない殺害現場を、カンヴァスに描き出したのだ!


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村ランキング参加中



【送料無料】黄昏に生まれたから

【送料無料】黄昏に生まれたから

価格:798円(税込、送料別)

リンダ・ハワード 作/加藤洋子 訳
『黄昏に生まれたから』 link:楽天ブックス


| まるまるかずみ | リンダ・ハワード | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:01 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ