blog index

レビ・レビ・レビュー!

ただいま迷走中!! ネタバレ有の読書感想ブログ!!
<< お気に入りBL漫画家 | main | お気に入り場面♪ 4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
スピンオフを期待して!
『甘やかな陥落』
ステファニー・ローレンス
(清水由貴子 訳)MIRA文庫
------------------------------------------
『甘やかな陥落』は売却する予定なので、
次回作はヘンリエッタの妹メアリー・シンスターの
お話であって欲しいと願う理由を、
ここに記録しておこうと思います。
------------------------------------------
スコットランドの女神“ザ・レディ”からシンスター一族の若い女性たちに与えられたネックレス。
それを着けていると、運命の相手にめぐりあって、生涯幸せな結婚生活を送ることができると言い伝えられてきました。
運命の相手にめぐりあうことなく嫁ぎ遅れていたヘンリエッタ。
姉ヘンリエッタに言い伝えのネックレスを着けるよう強要する妹のメアリー。
姉が先に嫁いでくれなければ、私がそのネックレスを受け取ることができないから、と言うのだ。
『甘やかな陥落』において、見事その効果を発揮してくれたネックレス。
ヘンリエッタはジェームズと結ばれました。
次は、メアリーの番?
------------------------------------------
どうやらメアリーには既にお目当ての相手がいる様子なのですが、
彼が運命の相手かどうかいまひとつ自信がないらしい。
前々回のネックレスの持ち主アンジェリカにそう指摘されて反論するメアリー。
自信がないわけではない、ただ許可欲しいだけだと。
そんなメアリーにアンジェリカは助言します、
あなたはいまネックレスを着けているけれど、もし……そのあなたの秘密の紳士に対して、何か特別なものを感じなかったら、彼があなたを夢中にさせなかったら、あるいは単に無視できないほど、あなたを怒らせることがなかったら、そうしたら、お願い、ザ・レディの忠告を聞くと約束して。ぜったいに信頼できるから。何があっても、彼女はあなたを見捨てたりしないわ
と。
------------------------------------------
メアリーが目をつけているその紳士が誰なのか、現段階ではわかりません。
しかし、メアリーにちょっかいをかけている別の紳士がいます。
レイヴンソーン侯爵ライダー・カヴァナーです。
大概の女性が自分の物憂げな笑みになびくというのに、メアリーは悠然と去っていく。
そんなメアリーに興味津々なライダーは、ついアンジェリカとメアリーの会話を盗み聞きしてしまったのです。
そして……
------------------------------------------
【エピローグ】488-489頁
 メアリー・シンスターは運命の相手となる紳士を探している。一方の彼は魅力的な妻を求めている。メアリーのことをよく知り、その条件に合うかどうか、ライダーは確かめてみたくなった。理由はわからない。だが、メアリーの姿はいつも目に留まっていた。その存在が気になっていた。しかしながら彼女はあっさりぼくを退けた。つまり……。
 どうやら、ぼくは、レイヴンソーン侯爵ライダー・カヴァナーは、彼女の運命の相手の条件を満たしていないらしい。どんな条件かは知らないが……。
 壁から身を起こして、鉢植えの椰子の木の陰から外に出ると、ライダーは不敵な笑みを浮かべ、ゆっくりと大広間へ戻った。
 彼を知る者なら、じゅうぶんに気づいているだろう。彼がけっして挑戦に背を向けない男であることを。

------------------------------------------
メアリーのお目当ての紳士は、メアリーのことをどう想っているのか。
メアリーの片想いなのか。
果たして、三角関係になるのか。
邦訳、お待ちしております♪
------------------------------------------
JUGEMテーマ:恋愛小説
| まるまるかずみ | 雑記 | 18:20 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:20 | - | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ